読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kyosho5’s blog

貧乏で数学があまり得意ではない理系出身のエンジニアのブログ

新社会人の皆様へ(主に仕事への準備の話)

あと1週間ちょっともすればまた新社会人の皆さんが誕生するんですね



皆さんよりも先に社会人になった身として、タメになるアドバイスでもできればとは思うのですが、
まだ2年しか社会人やってないし自分自身もわかんないことだらけなので…



あまり背伸びをしない助言みたいなことができれば。



まず。スキルや習慣として、各職種共通でいえるのは、



①「エクセルとワードは使えるようにしておこう」

②基本的な敬語は復習しておこう

③本を読もう

④タイピングを鍛えておこう



パッと思いつくのはこれくらいでしょうか?



では、各項目に簡単に肉付けを。



①「エクセルとワードは使えるようにしておこう」
特にエクセルは頻度高く使うことになるのではないでしょうか。


私はITの業界で1年営業、もう1年エンジニアとして仕事をしてきましたが、どちらもエクセルの出番は多かったです。


表計算ソフト、なんていうくらいなので見積書・発注書などの数字の絡む各書面をこれで書くことがほとんどです。営業職や管理系のお仕事をされる方は特に。
数字の計算だけでなく、エクセルが思うように使えないのは相当ストレスになってしまうので、早い段階での習得をおすすめします。

行・列の概念から、数値の計算、そもそものエクセルの操作性、簡単な関数を使ってみるなどして慣れておくと慌てずに済みます。
また、どの機能がどの部分についているのかを早いうちに把握できると尚よし。(セル結合を行う方法、そらで言えますか?)


エンジニアになってからも、システムなどの設計書とかでほぼ必ずエクセルが絡みます。
こういう場面でエクセルを利用することの是非についてはかねてより様々議論がありますが、それはまた別の機会でお話ししましょう。
とにかく、使えて損はありません。

私は嫌いですが。



②基本的な敬語は復習しておこう

尊敬・ていねい・謙譲語の基本は押さえておきましょう。自分を下げる?相手を上げる?どれがどれ?

ら抜き言葉にならないように気を付けましょう。

※全部当てはまるかはわかりませんが、「動詞を命令形にしたときに末尾がオ段の音になるものの不可能表現」でははよくあてはまるので
特に気を付けましょう。

×食べれない ○食べられない
×起きれない ○起きられない ←これはなかなか気づかなかった


いわゆる「バイト敬語」にならないように気を付けましょう。
「こちら○○になります」


※「させていただきます」という表現、特に日常でとがめられることはないかもしれませんが、もともと正しい表現とはいいがたい。
私もうっかりやらかしますが、自分でもイライラします。あと、Facebookでコンサル名乗ってる人は死ぬほど乱用するので距離を置くと吉。


「そんなもん、意味が相手に伝われば問題ない」「言葉とはそもそも時代の流れの中で変わっていくものだ」なんて言い分もありますが、
義務教育時代の国語の勉強をさぼった言い訳をそれっぽくされてもねぇ?


③本を読もう
個人的にはなんでもいいです。とにかく何か1冊買って読んでみましょう。
仕事に使う本、自己啓発本、技術書(最近こればっか読んでる)、小説。なんでも。

仕事で必要な本はその道の先達に良書を聞くのがよいでしょう。技術書もしかり。
おすすめ本をまとめた記事とかもあるのでうまく使いましょう。

自己啓発本は、それ自身はいい本も多くあるのですが、自己啓発本大好きクラブ会員みたいな人がたまにいるので気を付けましょう。

個人的に抱えている課題(仕事をさばくのが人より遅い、メンタル的によく落ちこんでしまうとかとか)をはっきりさせてからどういう本を読むのか決めるのが
無駄がなくていいのではないかと思います。

特に課題が思いつかないのなら、たまのジャケ買いをしてみるのもいいと思います。表紙とパラ読みの印象で買ってみる。

読んでて著者と自分の意見が合わなくても、「著者のように考えるとどういうメリットがあるんだろう」とか考えてみると収穫は大きい。







人に強制される読書ほどクソの役にも立たないものはないので、自分からいろいろ手を出してみるといいですね。



④タイピングを鍛えておこう

これを一番最後に持ってきたのは、まさに一番強調して言いたいことだからです。

メールを打つ、エクセルに入力する、チャットで情報共有する、プログラミングをする…

あらゆる場所でPCのキーを叩く場面は出てきます。
思っていることを文字に起こすのに手間取ってしまうと、自分はいらいらするし仕事進まないし上司はせっついてくるしでなにもいいことありません。

春休み中に、1日10分だけタイピングを鍛えておきましょう。
大学のレポートとかを書いてる段階でタイピングに習熟した方は間違いなく1歩リードしていると思っていいでしょう。

おすすめは寿司打という練習サイトです。
1万円コースで元が取れるレベルになればだいぶストレスも少なくなると思います。基本配置を頭に入れたら、あとはひたすらに打つべし。






こんな感じでしょうか?
もっと社会人経験を積んでいけばもっと実のある内容が書けるのかもしれないですが、まぁ勘弁してやってください。

気負わず、春休みを楽しみつくしてください。やり残したことのないようにね。







気が向いたら心構え的な記事も書きたいなぁと思ってます
そっちはだいぶ考え方が偏っている部分もあるので、暇をつぶす程度に読んでください。(政治思想がどうこういう話じゃないよ)


それでは。